英文校正ワードバイス公式ブログ

英文校正・英文校閲ワードバイス (https://wordvice.jp)のはてな編ブログです。

留学用の推薦状に関するいろいろ

こんにちは!英文校正ワードバイスです。

ちょうど来年度の入学に向けて、海外大学・大学院・MBAのアドミッション対策を始めるこの時期。

願書や履歴書、エッセイは自分で用意できるけれど、推薦状のことを考えると頭が痛い、という方は多いのではないでしょうか。

▽ こちらもご参考ください

wordvice.jp

f:id:wordvicejp:20180817131916j:plain

留学用の推薦状は誰に依頼するべき?

英米圏のアドミッションは、受験生に対する客観評価と言える推薦状を重要視する傾向にあります。というと、やはり箔をつけるためにできるだけ有名教授に推薦状を…と思うところですが、これは名門大学院受験などの場合避けては通れない要素の一つで、特に留学生の場合は、分野で名の通った教授からのお墨付きがある場合、審査官にとっては受験生について全くの未知数の状態とは比較にならないほどの安心感を与えるでしょう。

とは言っても、見ず知らずの教授に突然推薦状を依頼するというのも無理な話です。推薦人を選ぶ際には、少なくとも半年~1年は交流があり、受験生の関心分野や得意分野についてよく理解している人物を考慮します。指導教授以外に、ぜひこの教授から推薦をもらいたいという場合には、早いうちから積極的にコンタクトを取ったり、学会などの場で自分の存在感を高めつつ、ネットワーク作りを意識しておくことも重要です。

推薦状はどうやって依頼する?

特に多忙な有名教授の場合、推薦状を依頼しても予定したペースで受け取れないということが頻繁に起こります。少なくとも締め切りの一か月前には書類を万全に揃えられるよう、推薦状はなるべく早く依頼に取り掛かりましょう。

推薦人が指導教授など近い関係でない場合には特に、推薦状を依頼する際に、アプライ予定の大学・プログラムやこれまでの研究経歴、受賞経歴、自身の強み、興味のある研究分野、アドミッションにおいて特にアピールしたいポイントなどを意識して、簡単なプロフィールを作成して添付すると良いでしょう。

推薦人によっては作成後に受験生本人に開示し、確認を取った上で提出する場合もありますが、厳格に封をした状態での提出を求められる場合もあります。これは個々人の判断にもよりますが、少なくとも現在まで複数の学生の推薦状を書いてきたであろう有名教授の場合には、学生に内容の確認を求めたり、原稿の作成を求めたりするような本来の不正行為はしないはずです。

とにかく推薦状が必要だけれども、推薦人が英語に弱い、推薦状の作成に慣れていない、どうしよう!という場合は下の基本テンプレートを参照してみましょう。

wordvice.jp

推薦状の日英翻訳・英文校正サービス

特に海外留学が一般的ではない高校や大学の場合、推薦状を依頼したい人材がどうしても英語で作成できないという場合も考えられます。

ワードバイスは選べる納期で、アドミッション分野のプロの翻訳者+ネイティブエディターが、ご依頼いただいた原稿を丁寧に翻訳・校正し、ネイティブレベルの英語に磨き上げます。

wordvice.jp

wordvice.jp