英文校正ワードバイス公式ブログ

英文校正・英文校閲ワードバイス (https://wordvice.jp)のはてな編ブログです。

論文の著者順を決めるルールとその重要性

こんにちは!英文校正ワードバイスです。

研究論文は、1,2人で書くことは稀です。実際に統計を見てみると、研究論文は平均5人の著者がいることが分かっています。最近では学際間・産学連携による様々な共同研究プロジェクトが増えていますが、これは論文の共著者同士での利害関係の問題が今までになく発生しやすい環境となりつつあることを意味しています。特に論文の権利関係について目に見える形で浮かび上がるイシューの一つが、論文著者名の表記順と言うことができます。

基本的に論文での著者順はそれぞれの研究者の相対的な貢献度に応じて決まるのが原則ですが、例えば本当に全員が同程度にプロジェクト進行に貢献していたとしたら、第一著者をどのように決定すればいいのでしょうか。また、学際的な共同研究の場合、各分野からの貢献度をすべて同じ基準で判断しても良いのでしょうか。

今回の記事では、著者名表記にどのような基準を適用できるのか、また、著者名記載順が具体的にどのように問題になるのか解説していきます。

論文の著者順が重要な意味を持つ理由

そもそも著者として認められるのは、研究プロジェクト・論文執筆において一定レベル以上の貢献をした人物だけです。本来著者として名を連ねる以上は、すべての人物が研究に対し同程度の寄与をしており、そしてまたすべての著者が同等の扱いを受けるのが原則です。しかし、学術界の事務的な都合上、いわゆる第一著者のように一人の著者が代表としての役割を担うようになるのは避けられない状況があります。

著者指定に関しては、以下のようなイシューがあります。

  • 第一著者(first author)は読者にとって最初に目に付く著者として、誰もが憧れるポジションです。また、これは単純に読者に与える印象の問題だけではなく、他の研究で引用を受ける際に、引用スタイルによっては第一著者の名前だけが表記される可能性もある分、第一著者になれるかどうかは時に重要な問題となります。第二著者以降になってしまうと“et al.”で省略されてしまうこともあるからです。この引用形式こそ、読者に第一著者偏重的な印象を与える原因とも言えます。
  • 伝統的に、最終著者(last author)は指導教授や研究責任者を示します。ラストオーサーはまた、責任著者(corresponding author)、つまりエディターとの連絡時に代表となる著者を示すこともあります。
  • 著者順に関して統括的な規定がないことを考えあわせると、読者は論文を読んだだけではそれぞれの著者が具体的にどれほど、またどのような貢献したのか窺い知ることができません。これを明確にするために、特に医療系のジャーナルではそれぞれの著者の個別の貢献度について詳細な説明を要求するものもあります。しかし、それでも第一著者の影響力には敵わない現状があります。

著者順を決める際の一般的なルール

著者順を決めるために、分野によりいくつかのルールがあります。

続きは下のリンクより!

wordvice.jp

ワードバイスの投稿論文専門英語校閲サービス

英文校正ワードバイスでは平均8年の校正経歴を誇るネイティブ校正者が、最短9時間から論文校正いたします。投稿予定のジャーナル規定に合わせて論文のフォーマット調整も無料で行います。