英文校正ワードバイス公式ブログ ~はてな編~

英文校正・英文校閲ワードバイス (http://wordvice.jp)のはてな編ブログです。

英語論文の伝達力を高める動詞使用テクニック


 
学術ライティングにはある程度格式ある文体を求められるとは言え、長々とくどい文章で読者の興味を失わせてしまっては本末転倒です。論文掲載をかけた研究者間の競争は熾烈であるだけに、研究者の皆様は研究そのものだけでなく、どうしたら少しでもジャーナル受理率を向上させられるかというライティングテクニックの問題とも常に戦っていることと思います。優秀な論文には、もちろん第一に内容の論理的妥当性、次に明確で分かりやすい記述が求められます。今回はその後者の問題についての記事です。

1. ワードクラウド(word cloud)で頻出語彙を分析

Wordleというウェブサイトはご存知でしょうか。Wordleはワードクラウド生成サイトであり、"Create your own”をクリック後テキストボックスに論文内容を貼り付けるだけで、論文内の頻出単語を視覚的に確認することができます。
自分の論文のワードクラウドを確認してみることで、読者がその論文を読んだときにどのような印象を受けるか(メインテーマやコアとなる内容)、客観的に把握するのに役立ちます。自分が論文内で強調したつもりだった内容とワードクラウドの生成結果にずれがあった場合、その論文は知らず知らずのうちに独りよがりな内容になってしまっているのかもしれません。ワードクラウドを参考に、誰が読んでもメインテーマに焦点を合わせられるよう修正を加えましょう。
* Wordleを実行するにはJavaが必要です。
例えば、下のワードクラウドは当社英語ブログの記事である“How to Choose the Best Title for Your Journal Manuscript”のワードクラウドです。文字の大きさに応じて“titles,” “journal,” “research,” や “papers”が頻出単語となっていますが、すべてが記事のメインテーマをよく表している単語です。
 
 

2. ターゲットジャーナル掲載論文の記述パターンを研究

ターゲットジャーナルで閲覧数・引用数が最も多い論文を精読し、ライティングのパターンを把握しましょう。ジャーナルの傾向やエディターの好みを把握することで、初めから読者層にアピールしやすい文体で論文を作成できるようになります。
ターゲットジャーナル掲載論文のライティングパターンを把握する際にもWordleが役立ちます。自分の論文と似たテーマの掲載論文をWordleにかけることで、適切な用語や語彙を確認することができます。
例えば、喫煙とガンの関連性 についての論文を執筆中ならば、(できる限りターゲットジャーナルの)最新掲載論文を探します。テキストをWordleに貼り付けワードクラウドを検討することで、執筆中の論文でそれらの単語が比重を持って使用できているか、用語の使用ミスはないかなどあらかじめ確認することができます。さきほどの論文をWordleに通したところ、以下のようなワードクラウドが出来上がりました。
 
 
 

3. 能動的で伝達力のある動詞の使用

どの言語であっても同義語の使用方法に注意するのはもちろんですが、論文では同義語の使用に迷う場合、より伝達力があり直説的な単語を選ぶことが重要です。また、常に受動態よりも能動態の使用を意識するようにします。例えば、“be”のようなあいまいな動詞はなるべく避け、より正確で直接的な行為動詞(action verb)に置き換えるなどです。ただし、Thesaurusなどのサイトを利用して同義語を検討する際には注意が必要です。置き換えられる単語が本当に論文の文脈に適しているかよく確認しましょう。
 
英文校正ワードバイスのリソースブログでは、以下で学術論文で注意すべき同義語の豊富なリストを掲載しています。
 
続きはこちらから!