英文校正ワードバイス公式ブログ ~はてな編~

英文校正ワードバイス (http://wordvice.jp)のはてな編ブログです。HPでご紹介しているリソースとはまた違った内容を投稿致します。

TOEFLライティング対策について - 英文校正ワードバイス

こんにちは!

もう随分あたたかくなってきましたね^^

 

ワードバイスは韓国に本社があるのですが

韓国では日本より1か月ずつ学期の始まりが早いので

今がまさに卒業シーズンです🌸

 

日本はというと…

今国立大学二次試験まであと一週間というところでしょうか…🏫

ラストスパート、ファイティンです…!

 

さて本日は、

TOEFLについての記事を持ってきました!

 

TOEFL(トフル、トーフル)とは…

TOEFL® テスト(Test of English as a Foreign Language)は、1964年に英語を母語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテストとして、米国非営利教育団体であるEducational Testing Service(ETS)により開発されました。大学のキャンパスや教室といった実生活でのコミュニケーションに必要な、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を総合的に測定します。

TOEFLテスト日本事務局ホームページ(http://www.cieej.or.jp/toefl/toefl/index.html)より

 

簡単に言うと、TOEICがビジネス英語力を測るテストであるのに対して、TOEFLは大学レベルの授業(英語で)に参加できるだけの英語力があるか測るための、よりアカデミックなテストですね!

 

よって、

TOEFLスコアは英語圏の大学(院)に進学・留学を希望するときに主に必要とされます。

 

 

ワードバイスでは、プロの校正者によるTOEFLライティング添削サービスも行っているのですが

 

英文添削はサービスがピンからキリまであるので

「添削だけでわざわざ業者に頼むのもな~~」

と思っちゃう方も多いと思います。

 

そこで、ワードバイスだけの強みを挙げてみます!!

 

  1. ネイティブ×プロの校正者が添削担当
  2. シンプルな料金設定
  3. オンライン完結

 

1に関して、ネイティブなら誰でも添削できるかと思うと、そうでもないものです…

特に文法的な正しさを一番に判断されるTOEFLライティングの添削を受ける場合

TOEFLライティングの性格を熟知した添削者を選ぶことが重要です☝

 

ワードバイスTOEFLライティング添削は、厳しい基準で選ばれた高学位取得・校正経験豊富なネイティブ校正者の中から、TOEFLライティング添削に熟練したエディターに割り当てられます。

TOEFLライティングにて求められる能力を熟知しているからこその、建設的なアドバイスが可能です👍

また、ワードバイスでは実際のTOEFLの採点基準に照らし合わせた模擬点数をご提供!実際の目標点数を見据えた対策が可能なのもポイントです☝

 

そして、ワードバイスではプログラム制など面倒なこと一切なし。料金基準は単語数だけ!!!!よく分からない追加料金が発生したり、継続的な利用が求められたりもしないので、必要な時に必要な分だけご利用いただけます^^

 

しかも依頼から決済~受け取りまでが完全ネット完結!添削内容に質問がある場合やその他のお問い合わせもクオリティチームがしっかりサポートするので安心です。

 

 

●「英作文の練習がしたいけれど、何をテーマに作文すればいいの…?」

という方のために、ワードバイスでは豊富なライティング練習テーマをご用意しています↓↓

TOEFL writing 練習問題 | ワードバイス

 

ワードバイスでは単語数のみで料金が決まるので、いくつかのタイトルについて書いた作文をまとめて一つのファイルにして提出頂いても構いません。

 

☛詳しくはこちらから

wordvice.jp

 

 

Email: edit@wordvice.jp
TEL: 050 5319 4374
LINE@ID: zto3864r