英文校正ワードバイス公式ブログ ~はてな編~

英文校正ワードバイス (http://wordvice.jp)のはてな編ブログです。HPでご紹介しているリソースとはまた違った内容を投稿致します。

米国留学 – Common Applicationエッセイのコツ

こんにちは!英文校正ワードバイスです。本日は米国の大学への学部留学を目指す皆様に役立つ情報をお送りいたします。Common ApplicationCommon Application Essayの作成についてです。

Common Applicationとは?

アメリカの場合国内に数千校存在する大学の中から自分が出願する一つ一つの大学に合わせて願書を提出するには、非常に多くの時間や労力、そして費用を必要とします。このような問題を解決するために、複数の大学に一括して志願できるサービスがCommon Applicationです。

Common Applicationや共通願書を採用している大学はアメリカ国内で約700校あります。利用方法は、Common Applicationサイト(http://www.commonapp.org)を通して出願する大学を選択した後、必要書類をアップロードするだけ。ただし、芸術系大学などの場合は追加リンクにて志願者のポートフォリオのアップロードを求められることもあります。

Common Applicationエッセイを執筆する時の注意点とは?

Common Applicationのエッセイでは一般的に5つのテーマが出題されます。2016-2017年に実際に発表されたEssay Promptは以下の通りです:

  1. Some students have a background, identity, interest, or talent that is so meaningful they believe their application would be incomplete without it. If this sounds like you, then please share your story.
    • ここでは志願者のバックグラウンド、アイデンティティ、興味・関心、才能などを記すよう求めていますが、中でも“Identity” (自己同一性)が核心です。したがって志願者は自分の物語が、How/Why (どうやって/なぜ)他の志願者よりも意義があるのか訴える内容にしなくてはなりません。
  2. The lessons we take from failure can be fundamental to later success. Recount an incident or time when you experienced failure. How did it affect you, and what did you learn from the experience?
    • 大学入試エッセイを書く際、大多数の志願者は各々の強みと優秀な成績を強調しようと躍起になります。しかしこの出題の本来の意図は、自らの失敗を認め、そこから得た経験を具体的に説明することです。扱いづらいテーマではありますが、入学審査員にとっては志願者個人の成長と成熟度を判断するための重要な資料になります。
  3. Reflect on a time when you challenged a belief or idea. What prompted you to act? Would you make the same decision again?
    • このテーマで問われている“Belief or Idea”とは志願者自身にかかわることでも、社会・文化的集団にかかわることでも構いません。 したがってこのエッセイが求めている核心は2番の出題と類似しており、志願者のアイデンティティに重点を置きながら、入学審査員が志願者のCore Personal Valueを把握できるように書くことがポイントです。
  4. Describe a problem you’ve solved or a problem you’d like to solve. It can be an intellectual challenge, a research query, an ethical dilemma – anything that is of personal importance, no matter the scale. Explain its significance to you and what steps you took or could be taken to identify a solution.
    • このテーマで入学審査員は志願者が“Problem”を上手に解決したという「結果」の優劣を知りたがっているわけではありません。重要なのは志願者がその問題にどのようにアプローチしたか、つまり問題を解決するための過程の記述です。Promptには“Describe”と表記されていますが、問題の説明よりも分析に重点を置いたエッセイにするのが適しています。この出題もまた、3番のpromptのように志願者が重要視する価値を問う内容です。
  5. Discuss an accomplishment or event, formal or informal, that marked your transition from childhood to adulthood within your culture, community, or family.
    • このエッセイでは志願者が成長過程で達成したことや特定の出来事について論じながら、それが自分の個人的な発展にどのように影響を及ぼしたか論述するエッセイです。重要なのは「成し遂げたこと」ばかりアピールするのではなく、その経験から自分が具体的にどう成長したのかを論理的に分析し、記述することです。

与えられたテーマを分析してみると、出題意図は大きく次の三点に絞られます。

  • 志願者はどのような人間か? (Answer the question, “WHO are you?”)
  • 現在までの経験が志願者にどのような影響を与えてきたか? (How have your experiences or background shaped you into the person you are today)
  • 志願者の性格と特徴が未来にどのような影響を与えると思われるか? (How is who you are today going to affect your future performance)

ここからは、Common Applicationエッセイを書くときの一般的な注意点について確認してみましょう。

エッセイを書く時に「すべきこと・してはいけないこと(Dos and Don’ts)」

Dos Don’ts
志願者が本当に興味を持っていることについて書くこと。好きなテーマについて書くことで、入学審査員は志願者がその分野にどれだけ情熱を持っているのか知ることができる。 よく知らないことについては書かないこと。他人がよく書くテーマだからと言って真似をすると個人的な情熱が伝わりにくくなる。どのようなテーマについて書けばいいのか迷ってしまう場合は、入学審査員がどのような志願者像を望んでいるか?ということを考えてみるのも良い。
志願者にとって最も合ったテーマを選ぶこと。自分にふさわしいテーマを選ぶには趣味、成功体験、特別ではなくても志願者の特徴がよく表れている行動などを書き出した後、志願者の特徴を最もよく表しているものを選ぶと良い。 攻撃的な内容や読み手に不快感を与えかねないテーマは避けること。例として宗教、政治的観点などに関わる内容は入学審査員にとって時に不愉快な内容となり得るため自制するのが良い。入学審査員がそのテーマをきっかけに志願者に関心が持てるようなものを選ぶ。
”WHO are you”の答えとなるテーマを選ぶこと。最も重要なのは志願者自身がどんな人間か知ってもらうことであるという、出願エッセイの本来の目的を常に頭に置いておく。 テーマとして面白くても、志願者と直接的な関係がないことについて記述するのは避ける。入学審査員は志願者について知りたいのであって、最近の世の中のイシューについて知りたいわけではない。例として自然災害について記述したい場合には、その出来事が志願者にどう影響を与えたのかに焦点を当てること。
数千人の出願エッセイを読む入学審査員に印象を残すには、自分だけの経験を生かして書くのが最も効果的。あれこれ盛り込もうとするのはやめて、できるだけ具体的な例を挙げて詳しく説明するのが良い。 あまりにも普遍的でありきたりな内容は避けること。他の志願者との差をつけるために、自分だけの経験に重点を置くのが良い。
文字数が650を超えないこと。字数制限があるということを常に念頭に置いておかねばならない。 エッセイは長すぎても短すぎてもいけない。650字以内で最大限自分を表現する。(Make those words count!)
書き直しを習慣化すること。大学入学のためのエッセイであるため、一日で書き上げるなどということは考えず、何度も推敲して書き直す習慣をつけ、最終的に最も良い形のエッセイを提出できるようにする。 提出期限を厳守すること。学業がいくら忙しくても前もって十分な時間を確保し、提出期限ギリギリに間に合わせのエッセイを提出することがないように気を付ける。

 

米国の大学入試エッセイのアドバイス・添削に関してのお問い合わせはいつでもメール(edit@wordvice.jp)にて承っております。英文校正ワードバイスでは、アドミッションエッセイのコンサルタント経験豊富な入試専門校正者が皆様のエッセイ執筆をプロの手でお手伝いいたします。

 

wordvice.jp

wordvice.jp

- 無断転載禁止 -

ワードでの単語数・文字数確認方法

こんにちは、英文校正ワードバイスです。今日は校正を依頼する際の単語数計算のための、ワードファイルで単語数(文字数)を確認する方法について、一緒に見てみたいと思います。とっても簡単です。

 

MS Word –  全体単語数確認方法

MS ワードにて文書作成が完了したら…

캡처

上のキャプチャ画面左下の赤で囲まれた部分を見ると、単語数(日本語の場合は文字数)を確認することができます。

簡単すぎましたでしょうか?

 

MS Word – 選択部分の単語数確認方法

文書の一部のみの校正を依頼されるお客様もいらっしゃいます。そのような場合は下のキャプチャのように、該当部分のみドラッグした後全体単語数確認の時と同様に画面左下を見ると、特定部分の単語数が確認できます。79 of 3000 と表示されていたら、選択部分が79単語ということです。

캡처1

 

校正をご希望される部分のみ残し、それ以外の部分はすべて削除した後で画面左下を確認する方法もあります。

 

MS Word – 単語数を確認するその他の方法

画面左下にて単語数が表示されない場合は、次の方法を試してみましょう。「検閲」タブをクリックした後、下のキャプチャの矢印部分「Word Count」(日本語の場合は文字数カウント)をクリックします。

「Word Count」(日本語の場合は文字数カウント)をクリックすると下のようなウィンドウが表示されます。ここで単語数および文字数の確認が可能です。

캡처5

 

以上の内容が皆さんの文書作成に少しでも役立ったら幸いです。

ありがとうございます!

 

高学歴ネイティブの英文校正ならワードバイス

wordvice.jp

英文校正ワードバイスをおすすめする理由!

今回はワードバイスインターンであり、現役院生の私から見て、ワードバイスをおすすめする理由を書いてみます!!!!(笑)

 
イメージ 1
 
1.安い
 
今のところ主要英文校正会社の中でダントツで安い、1単語4円からです。(学術校正、最長納期)複雑な追加オプション費用等も一切ありません。
 
※ワードバイスは韓国を拠点に世界展開していますが、実は日本はまだサービス開始段階ということもあり、当社で手掛けている他国でのサービスよりもお安く提供させていただいています。今が一番お得!!!
 
 
 
2.早い
 
業界最速レベルの、即日9時間納品に対応しています。しかも、ワードバイスネット自動受付・先払いシステムを採用しているので、見積もりを待つことなくワンタッチで注文完了。英米現地にて決済即時作業が始まるため、土日祝日関係なし24時間体制で受付・作業が進行されます。
 
 
 
3.シンプル
 
単語数と納期を指定するだけで料金が確定。オンライン即時受付のため、面倒な追加費用、オプション別費用は一切かかりません。また、業界唯一の先払い基本システム(※科研費使用のための後払いも対応)を採用しているので、追加費用発生が一切ありません。
 
 
 
4.妥協を許さないエディター採用・品質管理
 
ワードバイス所属エディターは英米のネイティブかつ名門大学にて修士・博士号を取得した、いわば各学問分野のプロが90%以上を占めています。また、平均して5年以上の校正経験を有していることも条件で、採用時の数段階に渡るサンプル校正テストに合格する必要があります。
さらに、採用後にも校正文書は管理チームの手で一つ一つすべてチェックし、文書毎の評価をエディター本人に通達しています。エディター評価にて継続的に高評価を受けていない場合、そのエディターが所属を維持することはできません。
ワードバイスの低価格・高品質の理由は、コンパクトな経営体制・オンライン一括化・無駄なマーケティング費用削減など、経営の徹底的な効率化にあります。
 
*当社が校正を手掛けた論文がたくさんのジャーナルに掲載されています。
こちらから確認☚
 
 
5.エディターとの自由なやりとり
 
注文時に文書に関する詳しい指定事項・ジャーナル規定などを直接エディターに伝達できるほか、校正作業中もエディターと直接メッセージのやりとりが可能です。校正後の文書についての質問・意見も受け付けており、再校正は大幅な割引が適用されます。
 
 
 
 
ワードバイスは昨年12月末から日本でのサービスを本格的に開始し、日本ではまだ認知度が低いのですが、世界中での校正件数述べ4300件超、また、拠点の韓国では創業弱冠3年にして(※2013年サービス開始)、競合他社を押しのけて名門大学の指定校正会社として選定されるなど、多くの皆様から信頼をいただいています。
 
 
 
#英文校正 #英語校正 #英語添削 #論文校正  

TOEFLライティング対策について - 英文校正ワードバイス

こんにちは!

もう随分あたたかくなってきましたね^^

 

ワードバイスは韓国に本社があるのですが

韓国では日本より1か月ずつ学期の始まりが早いので

今がまさに卒業シーズンです🌸

 

日本はというと…

今国立大学二次試験まであと一週間というところでしょうか…🏫

ラストスパート、ファイティンです…!

 

さて本日は、

TOEFLについての記事を持ってきました!

 

TOEFL(トフル、トーフル)とは…

TOEFL® テスト(Test of English as a Foreign Language)は、1964年に英語を母語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテストとして、米国非営利教育団体であるEducational Testing Service(ETS)により開発されました。大学のキャンパスや教室といった実生活でのコミュニケーションに必要な、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を総合的に測定します。

TOEFLテスト日本事務局ホームページ(http://www.cieej.or.jp/toefl/toefl/index.html)より

 

簡単に言うと、TOEICがビジネス英語力を測るテストであるのに対して、TOEFLは大学レベルの授業(英語で)に参加できるだけの英語力があるか測るための、よりアカデミックなテストですね!

 

よって、

TOEFLスコアは英語圏の大学(院)に進学・留学を希望するときに主に必要とされます。

 

 

ワードバイスでは、プロの校正者によるTOEFLライティング添削サービスも行っているのですが

 

英文添削はサービスがピンからキリまであるので

「添削だけでわざわざ業者に頼むのもな~~」

と思っちゃう方も多いと思います。

 

そこで、ワードバイスだけの強みを挙げてみます!!

 

  1. ネイティブ×プロの校正者が添削担当
  2. シンプルな料金設定
  3. オンライン完結

 

1に関して、ネイティブなら誰でも添削できるかと思うと、そうでもないものです…

特に文法的な正しさを一番に判断されるTOEFLライティングの添削を受ける場合

TOEFLライティングの性格を熟知した添削者を選ぶことが重要です☝

 

ワードバイスTOEFLライティング添削は、厳しい基準で選ばれた高学位取得・校正経験豊富なネイティブ校正者の中から、TOEFLライティング添削に熟練したエディターに割り当てられます。

TOEFLライティングにて求められる能力を熟知しているからこその、建設的なアドバイスが可能です👍

また、ワードバイスでは実際のTOEFLの採点基準に照らし合わせた模擬点数をご提供!実際の目標点数を見据えた対策が可能なのもポイントです☝

 

そして、ワードバイスではプログラム制など面倒なこと一切なし。料金基準は単語数だけ!!!!よく分からない追加料金が発生したり、継続的な利用が求められたりもしないので、必要な時に必要な分だけご利用いただけます^^

 

しかも依頼から決済~受け取りまでが完全ネット完結!添削内容に質問がある場合やその他のお問い合わせもクオリティチームがしっかりサポートするので安心です。

 

 

●「英作文の練習がしたいけれど、何をテーマに作文すればいいの…?」

という方のために、ワードバイスでは豊富なライティング練習テーマをご用意しています↓↓

TOEFL writing 練習問題 | ワードバイス

 

ワードバイスでは単語数のみで料金が決まるので、いくつかのタイトルについて書いた作文をまとめて一つのファイルにして提出頂いても構いません。

 

☛詳しくはこちらから

wordvice.jp

 

 

Email: edit@wordvice.jp
TEL: 050 5319 4374
LINE@ID: zto3864r

英文校正ワードバイス - 論文執筆・英語学習リソースのご紹介-

こんにちは!英文校正ワードバイです^0^

 

極寒だったソウルも、ようやく春のにおいがし始めました♪

日本の皆さんは急な寒暖差で体調を崩したりせず、お元気にお過ごしでしょうか…?

 

当社ワードバイスでは論文・アドミッションともにオフシーズンに入り始め

論文執筆・英語ブラッシュアップにまい進していらっしゃる

利用者の皆様にとって有用なコンテンツとは何か?

日々多国籍のスタッフが議論しながら

様々な記事を発信させていただいています^^

 

日本語リソース記事はこちらから

http://wordvice.jp/blog/

 

英語論文執筆、ジャーナル投稿、英作文tipなどなど

気になるカテゴリをチェックしてみてくださいね。

 

日本語コンテンツはまだまだ不足していますので

当社をご利用いただく皆さんにとっては

英語ページの原文とより豊富なコンテンツのほうが

役立つかもしれませんね

こちらからぜひチェックしてみてください!

 

✎英語ページ↓

http://wordvice.com/blog/

 

 

📚英語学習・論文執筆・ジャーナル投稿…

気になるイシューや扱ってほしいテーマなどございましたら、

いつでもメール・ラインでご連絡ください♪

 

edit@wordvice.jp

line@ : @zto3864r

 

 

 

 

英文校正ワードバイスです!

はじめまして!英文校正ワードバイです。

 

wordvice.jp

 

英文校正とは…

海外学術誌への投稿を目指す英語論文、海外留学のための英文エッセイなどの英語を、英語に熟達した校正者(当社では一貫してネイティブを採用)が添削すること。文法・単語選択・表現・構成などをより自然な英語になるよう指摘し、ネイティブに通用する英語へとブラッシュアップするお手伝いを致します。

 

当社では韓国を起点に、アメリカ・中国・台湾・トルコ、そして日本にて英文校正のサービスを提供しています。

 

当社がメインとして行っているサービスの種類は2つあります。

 

1. 学術論文校正

有名学術誌への論文掲載を目指す研究者の皆様にとって、英語論文の執筆は基本ですが、非ネイティブが自力で論旨が明確に伝わる英語論文を仕上げるのは不可能にも近い作業です。従って学術誌への論文投稿のためには英文校正のプロセスが必須であり、ジャーナルによっては非ネイティブに対して論文の英語校正を義務づけている場合もあります。

各専門分野における最高峰の知識の集結ともいえる学術論文は、該当分野において高度な専門性を持ち合わせた校正者でなければ、たとえ英語ネイティブであっても内容に対する十分な考察・指摘はできないとワードバイスでは考えております。そのため、当社所属の校正者は各学問分野での修士・博士号を有するエディターが90%以上を占めております。また、当社所属エディターとなるためには数度に渡る経歴検査および校正テストを通過する必要があり、所属後もお客様および当社品質チームによるすべての原稿に対する校正評価・フィードバックを通して継続的に高評価を残しているエディターのみが契約更新を許されます。

このような校正品質に対する徹底的な評価管理体制から生み出される高品質な英文校正サービスは、本社のある韓国にて既に一流の評価を受けており、名門大学・研究機関の協定英文校正会社としても度々選定いただいております。おかげ様で創業以来3000名を超える皆様の論文校正をご依頼いただき、そのうち多くの論文が、有名学術誌への投稿にも成功しております。

(↓こちらで投稿ジャーナル・論文タイトルを確認可能です。)

 

wordvice.jp

 

2.海外大学(院)出願エッセイ校正

海外の大学あるいは大学院、MBAなどに正規留学を目指す皆さんのための英文エッセイ添削サービスです。海外大学へ正規留学生として申請するとき、必ず求められるのが英文エッセイです(自己紹介書、出願エッセイ、SOP…)。

自己アピールや志望動機など、各学校指定のテーマ・分量にて作成するアドミッションエッセイは、特に生徒の目的志向性・論理的成熟度を最重要視する米国大学の入学審査の際にテストスコアよりも比重を持って扱われる項目です。従って、英語に関する専門性だけでなく、米国の大学入学事情に精通し、アドミッションエッセイの添削経験豊富な専門家の客観的指摘を受けて練り上げた原稿であるかどうかが、合否に非常に大きな影響を与えると言えます。

当社では出願エッセイの添削に専門性と十分な経験を持つエディターがお客様の英文エッセイをご担当致します。文法・単語選択のミスなど単純な校正事項だけでなく、全体の校正に対するアドバイスも提供し、別途オプションにてエッセイ内容に対するコンサルタントも致します。

英語学習や海外留学への関心・海外名門大学の在籍率ともに非常に高い水準を誇る韓国にて培った豊富な合格ノウハウも当社の強みの一つです。当社にてエッセイ添削を手掛けたお客様が現在まで英米の一流大学進学に成功し、貴重なレビューやインタビューをお寄せいただいております。

 

wordvice.jp

 

上記の2つ以外にも、英語履歴書、英語ビジネス文書、TOEICライティング添削、出版物の校正なども幅広く承っておりますのでご相談ください。

 

ウェブサイト:http://wordvice.jp/

Eメール:edit@wordvice.jp

電話番号:050-5319-4374

ライン@:zto3864r